投稿

12月, 2017の投稿を表示しています

Cinematik Saloon

イメージ
ホリデーシーズンになりましたね

クリスマス、新年を間近に控えると街がにぎわいで 今年も終わるのだな…というセンチメンタルが 誰しも少しは心をよぎるのではないでしょうか?
そんな師走にアツい場所をご紹介します!
昨年夏、京都に密やかにサプライズ登場した
CINEMATIK SALOON
その洗練された空間と大切に選ばれた音楽 音を愛し人を大事にした店づくり 大人がそれぞれの人生を持って楽しむ場所
普段のバー営業中にはJazzを中心としたレコード/CDがかかり
今、この空間、聴きたい欲求、必然性に駆られた
ふさわしい音選び
広々としたコの字カウンターの中に置かれたピアノで 行われるライブは必聴です
プレイヤーを三方で囲み聴くライヴ
リスナーも含めたその空間の一体感は、必ずまた体験したくなります



つながりのあるミュージシャンが各地から いい音と共にやって来る
京都へ
シマチックサルーン直近イベント!

12/30 Sat. 17:00 open
Island Jazz Lounge
年内ラストライヴ!

巽朗 a.sax
ハタヤテツヤ key

甲夜の部 Start 18:00
adv.1800円 door.2300円 (先着順自由席/別途ドリンクオーダー)
乙夜の部 Start 19:15 
(Openは甲夜の部終了後、18:45予定)
adv.1800円 door.2300円 (先着順自由席/別途ドリンクオーダー)

2部通し料金(甲夜/乙夜の部) adv.3,000円
(甲夜、乙夜の部共に別途ドリンクオーダー)


そして… 店主もまたDJとして自身の音を追求し表現し続ける
(コンスタントに開催されるDJイベントも興味深い!)
筆舌に尽くし難い、とはこのこと
是非、自身で体験されることをオススメします!

Kyoto Bosanova Session

皆様こんにちは!
2017年もいよいよ12月。終わりが近づき、そして、それは新しい年の始まりです。
来年1月、いよいよフィナーレを迎える
京都ボサノヴァセッション
をご紹介しましょう!
これまで数年をかけて開催されてきたBossanova、または、Brasilian Musicだけで 行うセッション。その様子は、パゴーヂと呼ばれるブラジルで日常的に演奏される 小編成のサンバセッションを彷彿とさせる。
毎回、数あるボサノヴァの有名アルバムをお題に参加者で1曲1曲演奏してゆく。 めいめいの楽器で。 歌う人、鍵盤を弾く人、管楽器、様々な打楽器、ギター。そして、リスナー。 ステージ/客席の境界なく、それぞれの場所で、手にしている楽器で音を出し 今演奏されている音楽に参加する。 誰かが出す音を聴きながら。
大事なことはあなたが出したい音演奏を共有したい気持ちだと教えてくれる そんな誰にも優しく音楽的な場所、京都ボサノヴァセッション。
最終回は・・・
第30回 京都ボサノヴァセッション フィナーレ2018年1月12日(金)19:00-22:00Modern Timesモダンタイムス 京都市中京区三条通木屋町上ル エンパイヤビルB1 TEL:075 212 8385 参加費/1500円 ※ 現在、FBトップページにて最終回の開催方法のアンケート実施中。 アンケートに答えるところからボサノヴァが始まるようです(笑)
終わりに特筆したいことひとつ。
主催/ホスト役の今井祐岐氏、田井泰弘氏のブラジル音楽への造詣の深さ。
まだまだ、京都においてボサノヴァは他ジャンルのミュージシャンが 時折、演奏するということが多い中、ご自身で研究され、演奏活動はもちろん 特有のコード感やリズム、星の数ほどいるサンバ/ボサノヴァミュージシャンの 歴史や背景までカヴァーする静かな情熱
両氏でなければ30回(!?)にも渡るこのセッションは、継続不可能・・・ 若しくは、音楽から離れた味気ないものになっていたのではないだろうか?と 思えて仕方ありません。 その意味や価値に後々気づくより、一度でも目前で、その音楽と空間を感じ 体験したいものです。