投稿

11月, 2017の投稿を表示しています

THANKS to you ALL!

イメージ
去る11月19日(日)KMC企画 「織原良次 透明な家具」@Violon に
お越しいただいた皆様ありがとうございました!
心より感謝申し上げます。
イベントレヴューはKMC/FBページご覧くださいね。
KMCとしては、現体制になってから初めてのイベント企画でした。 模索しながらのイベントにご尽力戴いた演者 織原良次さん、会場 Violon、 その店主 安藤さん、従業員 ホリさんにも心より感謝しております。 至らぬ点もあったかと思いますが、皆様のお気持ちに救われました。
今回の経験をふまえ、今後も小さな歩みを重ねてKMCの活動を
進めていきたいと思います。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします!
いよいよ年内もあと少しとなりました。 KMCは毎週月曜(できるだけ笑)のFBページでの音楽情報更新と 次のステップに向けて準備してまいります。
まずは。。。



KMCカードができましたー!
もしどこかで見かけられたら手にとって下さいね!

皆様またお会いできますように。。。
Writing by kmc-ya

透明な家具・続報

イメージ
皆さま、こんにちは!
アナウンスしているKMCイベント第二弾!
ー透明な家具ー
11月19日(日)19:00〜
いよいよ後10日をきりました! wow!
今日は少し詳しくご紹介しますね!
まずは会場である
Bar Violon
御池通から木屋町を下がって一筋目の路地(ろおじ/京都的には)を 東に入ってください (もしくは、木屋町を北に上がる場合は御池通りの一本手前のほそ〜い路地)
その京都らしい路地の奥右手(南側)に大久ビルがあります そして3Fがヴィオロンです。 (階段です!ごめんなさい!)
Bar Violon MAP
3Fのその重厚なドアを開けるとタイムトリップしたような空間が!
このヴィオロンは創業40年を超える老舗バー! これまで数々のドラマが生まれたであろうことが想像できます 様々な人生を送る人々が夜な夜な通ってきたその店は 太秦の撮影所の大道具制作をされていた方の内装デザインだそう それも納得のアンティークな空間
特筆したいのは....マスター! なんとも個性的な人間味あふれる方でちょっとファンになっちゃいました
ここでの透明な家具はきっと心地よいものになるだろうな〜と、 つい想像がついてしまいます ぜひ楽しみにおいでください
そして....
演奏者・織原良次氏
一応、まだ読まれていない方のためにプロフィールを
フレットレスベース奏者 http://mid-orihara.com 1980年生まれ 埼玉県入間郡三芳町出身
大学時代からフレットレスベースに専念 2010年からBGA(BackGroundAmbient)『透明な家具』を主催。 ライブではない、盛り上がらない、BGMではない

New Event!

イメージ
11月、Kyoto Music Channelで企画するイベント第二弾!
発表!!
初回の「夏の終わりにザックバランで」から約2ヶ月半、 二度目のイベントを開催します!
ー透明な家具ー11月19日(日)19:00〜23:00 Bar Violon 京都市中京区木屋町御池通下ル一筋目東入ル 大久ビル3F TEL:075 241 1839
演奏:織原良次(flb)
透明な家具イベントページ



透明な家具とは「ライブではない、盛り上がらない、BGMではない」をモットーに、
東京を拠点に活躍するフレットレスベース奏者 織原良次が創作表現する
Back Ground Ambient(BGA)

この提案は新しい感覚の音、空間、時間を人に体感させます。
そしてそれは、すべての人に優しい。


要するに、普段のバー営業で流れるBGMが即興生演奏BGAになり
その中でお酒を愉しんで戴けます。ぜひ一度、お試しあれ。
気づけば、その気持ちよさに巻き込まれていますよ。


当日は、その場で作られてゆく音に身を委ねて美味しいお酒と会話、
ゆっくりとお寛ぎください。
タイムトリップしたような空間ヴィオロンにてお待ちしております。