Second time

Hi there!

やっと2回目の記事が書けるぅ‥!涙

2回目の今日は Kyoto music channel 企画として開催した


のイベントレポートとダイジェスト動画!

9月2日、京都 岡崎に在るライブハウス Zac Baran で前述のタイトルのもと
民族楽器を中心にしたリズムワークショップ&ライブが開催されました!
ライブミュージックは民族楽器だけでなく、サックスやエレクトリックベース
声も入ってのMixup!

出演者のオリジナル曲や完全な即興曲、ブラジル音楽や現代ジャズ曲など
ジャンルやカテゴリーはなく、出演者が好きな音楽を好きな形で。

このリズムワークショップ、ライブミュージックの両方を通して

一貫した指針は、
音を出して遊ぶ、鳴ったリズムで楽しむ

誰かが出した音に反応して、他者が音を重ねる。
誰かが出したリズムに、また誰かがリズムを重ねてゆく。
その繰り返しが1つのサウンドの塊になる様をプレイヤーもリスナーも体験する。

一見、実験的だけれど真に音楽的な空間を共有する。
頭を緩々にして、まず音に身を委ねるとそれぞれに感じられる
サウンドやリズムを見つけたい。見つけてほしい。

第1回目としては、良い内容だったと思うのは出演者の熱量と参加者の熱量
また、その店が持つエネルギーや温度の化学反応のように感じられます。
でもそれは、来てくださった方々が心のままに楽しんでくださる
それがなければ形にならなかった。間違いなく。

みなさま、ありがとうございました!

リズムワークショップでは、時間を過ぎても出演者、参加者共に
盛り上がって、質問が止まず、楽器の音も止まず

結局は、、、

皆でお喋りしながら楽器を鳴らし続けることに(笑)

休憩もナシでライブへ突入となりました。

 Photo / Sadahiro Tanida

そして‥
再演する運びになっています

出演者もパーワーアップして!

その時は一緒に音を出してみませんか?

Let's Join Us!

コメント

このブログの人気の投稿

KMCエコバッグ販売スタート!

Big Thanks to you all!!!

オフィシャルウェブサイト!